ハードコンタクトレンズの主なトラブル

ハードコンタクトレンズの装用を始めたばかりの頃に起こりやすいトラブルには、主に以下のようなものがあります。

  • 涙がにじんで、まばたきが多くなる
  • 異物感を強く感じる
  • 近くが見えにくくなる
  • 上を向きにくくなる
  • 眩しさを感じる
  • 視界がキラキラしているように見える
  • レンズの動きが気になる
  • レンズの縁が気になる・かゆみを感じる
  • 黒目の周りが充血する
  • 目やにが多く出る
  • テレビやパソコンを見ていると乾燥して目が充血する
  • 風の強い日やエアコンが効いている部屋にいると乾燥して目が充血する

これらの症状には個人差がありますが、異物に対する目の生理的な反応であれば、次第に慣れて症状もなくなっていきます。

しかし、病的な症状であるケースもあるので、上記のような違和感を強く感じたりそれが長期間続く場合は、すぐに眼科を受信するようにしてください。

コメントは受け付けていません。