お歳暮 贈るときの基本マナー

お歳暮 は、年の暮れの挨拶として、感謝を込めて贈るものです。一年を締めくくるためのものですので、お中元よりも重要度は高いとされます。

また、お中元を贈ったら、お歳暮も必ず贈るようにしましょう。

お歳暮を贈る時期

12月初旬から20日頃までに届くようにします。年末は配送も混み合うため、早めに出すようにするとよいでしょう。

※お正月用の生鮮食品等を贈る場合、年末ギリギリに届けるケースもありえます。その場合は、事前に送り状などを出して知らせるようにしましょう。

お歳暮の贈り方

お中元 と同様、持参するのが本来の贈り方です。ただ、年末は忙しいということもあり、先方の負担にならないよう配送で贈るのが一般的となっています。

今ではお店やデパートなどから送ることが主流です。

※お中元やお歳暮は、お世話になった方への挨拶のためのものですので、贈り主または贈り先が喪中の場合でも、贈って差し支えはありません。

お歳暮をもらったときは…

お歳暮の品を受け取ったら、先方に連絡を入れてお礼を述べ、またお礼状も出すようにしましょう。

親しい間柄であれば電話やメールだけで済ませても構いません。忙しい時期ですので、お礼の時期を逸しないよう気をつけましょう。

尚、お中元と同様、お歳暮もお返しは不要です。

お歳暮の品物選び
お歳暮の品物 かけ紙と表書き

コメントは受け付けていません。